ずばっとごりっとまるまる お断りだ!
by jiaobo
メイド・イン・カッシーナ展 2009.4.24FRi.-6.7SUN. 森アーツセンターギャラリー 六本木ヒルズ森タワー52F
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2013年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧
今宵、腹の中で。
 今年は花粉だけでなく、連合軍なのか去年よりアレルギー症状が重くなった。
外出後、くしゃみの止むのが遅いし、鼻が痒く喉が腫れてる(気がする)。
仕方ないので、昨日の朝、重症者マムに薬を分けてもらった。
「今飲んでるんはこれ」
ゴツイ薬だ。それも当然、マムは二度薬を変えていて、それでも効かないと医者に訴えて手に入れた最終兵器的なヤツなのである。
それは刺激(?)が強すぎるだろうと、飲んだけど効かなかったヤツから飲む事にした。
だが、効き目なし。
大抵、寝る前に飲むというので、夕食後、再びマムの薬箱を物色。
「ええやない。今晩はこれ(最終兵器)飲んどき」
「いかん。それはシンナーからヘロインへ行くようなもの。覚醒剤を通らねば」
薬箱には三種類の薬がある。一つは鼻炎用、二つは不明。
「今、どれ飲んでるん?」
「全然効かなかったっていう、最初にもらってきた薬」
「それはこっち違う?」
薬箱を覗きこんだマムがいう。
「なにい?じゃあ、今飲んでるのは!」
「お薬手帳見たら分かるしな。ちょっと待っとくれやす」
その間に、今飲んでいる薬を部屋から持ってきた。
手帳と照らし合わせてみたら、不明な薬の一つは炎症を抑える物。もう一つは鼻炎用。
そして、俺が飲んでた薬は胃腸内科でもらった、善玉菌を増やす薬である事が判明。
・・・・・・・効かねえ訳だよ。俺の腹は、善玉菌で一杯だよ。


効き目のほどは、明日。
[PR]
by jiaobo | 2013-03-28 22:02
二本差しは腰骨が痛い。
 昔、BSには一日中時代劇を放送しているチャンネルがある、と聞いて思った。
当時は心が江戸に住んでいたので、もし加入するなら、ぜひそのチャンネルを契約したいと。
現在、念願かなって夢のチャンネルを視聴出来る運びと相成った。
が。心はもはや江戸に住んでいない。
ところがどっこい、即座に心が江戸へ飛んじまう番組が放送されてるって訳さ。
リアルタイムでも見ていた、『G家人Z九郎』。主演は渡辺K。
お節介な旅の隠居や、城を抜け出す上様のような勧善懲悪・ハッピーエンドで終わらない話も多く、ビターな、時にはダークで大人の味がする物語。
そして何よりKさんが滅法恰好いい。
男の色気満開。殺陣はもちろん、親指で頬をかくなど動きの全てが絵になる。
花を添える、Т吉姐さん(若村M)が堪らん。
香気で新鮮。歯ごたえ抜群な旬の野菜が如し。言動だけでなく、踊りも絶品。
この二人がご飯とおかずなら、漬物はZ九郎の母だ。
あったら嬉しい。ないとさみしい。正に漬物。
『G家人Z九郎』を見ていると、飲み屋の木の椅子や、船宿ののれんを揺らす風に触れたような気分になる。
話を追いながら、Z九郎が寝転んでいる畳の感触。寝間着に引っかけた着物の生地や、膳に並べられた料理の匂いをも感じる。
だから心が江戸に飛ぶ。
ちなみに、『城を抜け出す上様 琉球へ行く』なんてのも見てます。
[PR]
by jiaobo | 2013-03-27 23:23
鶏心
 ハニーが、誕生日プレゼントに『ワで始まってスで終わる某マンガに登場する料理人のレシピ本』をくれましたよ(リクエストしたので)。
おまけ(料理人のシリコンマット)は、どう使えばいいのか不明なれど、内容は二重丸。いや、三重丸とせねば。この場合。
デザートも載っていて、ハニー大喜び。
こいつを参考に、レパートリーを増やすぜ!
[PR]
by jiaobo | 2013-03-26 21:01
呑む打つ借りる
 4リットルの韓国焼酎が、二週間程でなくなるのはいかんな。
前は一ヶ月かけて消費してたのに。どういうことだ?ってテメエが飲んでんだよ・・・
そんなこんなで、生活改善キャンペーンも開始。
空腹から目を逸らすためにも、掃除後のシンプルで快適な部屋を妄想。
机はしまって、ちゃぶ台(今は部屋の片隅に立てかけてある)生活しよう。
寒い時はカーペット、夏はい草マットだ。
スチール棚にカッコよく収納を目指し、雑多な物はバンバン捨てて、と。
自分で運べない物はベッドだけですヨ☆が目標なり。
でもパチンコ玉を入れてる缶は捨てないよ。
堕ちてるパチンコ玉を集める癖があるからネ☆
[PR]
by jiaobo | 2013-03-25 22:35
発想の転回
 あるから物を置いてしまうのだ。ならば、なくてもよい。
[PR]
by jiaobo | 2013-03-21 23:45
実感。
 以前は、「HDDに溜まった録画が鑑賞しきれない」という言葉を、
へー。そんなもんすか(ケツぽりぽり)。と思っていたんですがね・・・・・・・
溜まるな、確かに。そして、鑑賞しきれんな実際。
毎週録画している番組が二つに、見たい映画を片っ端から。加えてハニーの好きそうな番組も。
そりゃあ溜まるぜ。
見た分は消していくんだが、マムが不在もしくは昼寝中しか見ないので、鑑賞を追加が上回る。
片っ端から見ていきたい。しかし、時には時間配分を考慮せねばならんので、鑑賞時間と録画時間のバランスもあって、一気に映画一本といかない日もあるんだなこれが。
気になる映画を細切れにしか見れない悲しさよ。
今も、マツダ弟(マツダショータ)の『HードRマンチッカー』が途中で宙ぶらりん。

 だけんじょも(実験)。

More
[PR]
by jiaobo | 2013-03-20 23:14
恐るべし!
 身軽になるには、持ち物はもちろん、体も軽くなくては!文字通り「身軽」にな!
という訳で、晩飯は腹八分目キャンペーン&酒量減少フェアを開催中。
昼飯はサンドイッチ。それ専用の薄いパン八枚で、
・トマトとタマネギとマヨネーズ
・チーズとスクランブルエッグ
・チキンハム(紙のように薄い)とタマネギ
・チキンハムとタマネギとマヨネーズ
と、四つのサンドイッチを作って食う。
晩飯は、
・米飯(軽く一杯)
・大根とシーチキンのサラダ(ゴマドレッシング)を三口
・レタスとトマトのサラダ(青じそドレッシング)を一口
・豆腐ハンバーグ(野菜とひじき入り)に大根おろしとポン酢をかけて一個
・ニラをマヨネーズ+すりゴマ+醤油で和えたもの 一束分くらい
・漬物(芽キャベツ。菜の花)
・ほうじ茶
ご覧の通り、野菜中心の食生活なので、後で腹が減るのを恐れて満腹目指してた訳。
だが、昨日から腹八分目だっ!
肉の少なさをカバーするため、おやつは揚げ落花生なり。
今日は昼に卵や乳製品を摂ってるが、ぬくくなるに従い、昼飯がソバになったりすっから。
こんな事しても、効果は微々たるもんなんだけどな!
一番の理由は運動不足!
でも、やらないよりはマシ!
ソバを買いに行かねば(今日も裸足で過ごした。ちなみに、今年の初ざるそばは2月26日)。


 何が、恐るべしなのかっちゅーと・・・

More
[PR]
by jiaobo | 2013-03-19 23:06
鉄の棚、記憶の箱。
 旧自室に、鉄製の棚が二つ置いてあったんすよ。
ぬくくなってきたことだし(昨日も今日も裸足)、執行猶予期間も少し延長された。
そろそろ自室の掃除をせねばならん。
んもー、ベリーシンプルでビュリホーでコンフォータブルな部屋にしちゃうんだぜ☆
バンバン捨てて自分で引っ越し出来ちゃうくらい、身軽になっちゃる(必然)!
服?ホテルのクローゼットに全部しまえますけどなにか(理想)?
自分で運べないもの?ベッドくらいっすかねえ(夢)。
・・・・・・日記が全部取ってあるんだけど、捨てるべき?学生時代のもある(現実)。
コレクションしてた(一時期、見た映画のは買っていた。パンフレットもだ。こっちは厳選して大部分を捨てた)サントラが場所を取るんだよなあ。何年も聞いていないやつもあるけど(現実その2)。
服もだ。着ないのに持ってるやつは捨てよう(決意)。
それと本。三分の二は、一年かけて読み返しているが、残りは開くこともない(事実)。
これもふるいにかけて(悪あがき)、売り払おう。
最後に雑多なガラクタ。
なんだかんだで、気が付くと溜まっている。
趣味じゃないけど、お土産なので捨てがたい物とか、衝動的に買い集めたガチャガチャとかな!
もう全部捨てよう(決意)!
飛ぶには身軽でなくてはならない!
パチンコ玉を拾う癖があるので、収集品を入れた缶は捨てないぞ。
[PR]
by jiaobo | 2013-03-18 23:37
んだけんじょも
 んだげんじょも、だったかな?、
幕末を過る今年の大河ドラマ。さっぱり興味が持てない。
どうも、幕末が苦手なようだ。『リョーマ伝』も、熱く議論を交わすシーンや龍馬の熱弁にそっぽを向いていた。
『大奥』を何度も見ているので、気持ちが幕府側なのか?
維新志士に感情移入出来ないせいなんだろうか・・・
もしかしたら、前世で幕末期に酷い目見たからかもだ。そのくらい、幕末に興味がない。
新撰組に龍馬等々、心躍る(らしい)人物が盛り沢山(らしい)だというのに、『リョーマ伝』を見るまで高杉晋作を医者かなんか?と思っていた己のテンションの低さは、前世の業やもしれぬ。
時代が変わったせいで、借金を踏み倒された金貸し?
ありえねえ。商才ねえし。
徳川幕府の消滅に殉じて、腹を切った大名家の下働き?
そんな殿様だったら、自害前に使用人には礼金持たせて、暇を与えているだろうよ。
多分さあ。頭が悪く、周りが「攘夷ぜよー!」といってるので、つられて
「じょーいぜよー!」
と喚いているものの、じょーいちなんじゃ?と思ってたヤツだな。
勢いで京都へ出向き、捕まって拷問に合うも、大物と繋がりは無いので釈放。
痛む所をさすりながら、
「じょーいち、なんなのか。あしは未だ分からんぜよ」
といっていた貧乏下士だったのかもしれない。
熱くうねる幕末の波には、何年経っても乗れそうにない。
[PR]
by jiaobo | 2013-03-17 23:38
平和・かけら・豆
 春だ。
夜の匂いの麗しさよ。
花粉症の最後尾になら並んでもいいんじゃないか、という程度の症状なので、天気などお構いなしに昼夜庭を横断。サクランボの生る木に桜が咲きました。
だが、春を感じるのは花より夜の匂い。ふがふが。
  もうすぐ桜が咲くでせう
  そういい彼方を見る女(ひと)が
  花より可憐で美しひ
という、小野田仁慈の詩を思い出します。
ウソです。
ウソをつきたくなるほど、春の匂いは心を軽くする(一か月で二キロ太った体は重いがな)。
心ではなく、体を軽くするべき・・・・・・なんだが、浮ついた心では何一つ定まらない。
[PR]
by jiaobo | 2013-03-17 00:50