ずばっとごりっとまるまる お断りだ!
by jiaobo
メイド・イン・カッシーナ展 2009.4.24FRi.-6.7SUN. 森アーツセンターギャラリー 六本木ヒルズ森タワー52F
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
中牧ゆえ
 ここ数日、テレビと仲良し。再放送でナカマユキエの『極先』も見た。
話はずいぶん前に、大ハツのCMを見ながらこんな会話をハニーとした時に遡る。
「これ、面白いよなあ~」
「なっちはナカマユキエに甘いね」
「へ?だって面白いじゃん。aユーのCMもそうだけど、こーゆーコミカルなヤツが似合う」
「君はナカマユキエに対する笑いの沸点が低い」
しかし、笑いの沸点が低い=ナカマユキエ好きなわけではないんだな。むしろ彼女が『鳥ック』で演じたヤマダナオコが好きなのだ。
先々週に進もう。ハニー&冬花と映画を見た際に、『極先』の映画版予告が流れた。
「見なくていいの?ヤマダナオコと同じようなキャラじゃない?」
と問われ、「見ない。ヤンクミは熱血っぽいから、あんまし好きじゃない」とドラマを見た事もない(実は『鳥ック』だって見てないんだが。いきなり映画だった)くせに答えたところ、「自分の目で確かめてからいいな!」と言わんばかりに『極先』の再放送開始。
生徒の中にマツケン(サンバ踊らない方)を発見した自分にビックリだ。ファンでもないのに、あの超・さっぱり顔を一瞬で判別するなど、ゴマにまじった一粒のケシを見つけるよーなものではありませんか!(言い過ぎ)
そこじゃない。
ヤンクミは、やはり熱かった。この熱さがなんだか苦手なのだ。ヤマダナオコは、服装こそ古臭い感じすらする純情路線だが、基本的にクールかつ金銭欲が強い。そんな彼女が時折、泣いたりなんだかんだするからこそ・・・・・・・・なんだ、簡単に言えばツンデレだから好きなのか!?そうともいう。
[PR]
by jiaobo | 2009-06-11 10:51
何もない壁
 掃除が済んでいない部屋の模様替えを強行。終了!おかしいなあ、模様替えは散らかっていてもできるのに掃除はなぜできないんだ?それより今現在この瞬間、問題なのは大変空腹だとゆー事だ。
晩飯のメインが冷奴だったからか。豆乳を上乗せしてもだめか?大豆は畑の肉なのに。
[PR]
by jiaobo | 2009-06-08 23:40
水膜と冷気
 せめてDVD発売!!と薄目で祈っていた部長の映画『投名状』が地元の映画館に
c0060506_019526.jpg

来ルー!!!!
CDに同封されてた宣伝歌(イメージソング?)MVを見て涙ぐみ、ハニーにはお勧めできない!と思ったのに当の本人は「これ、見たいな~」と言った『投名状』がッ!期間は短いようなので、いざとなったら一人でも!!
 れろれろれろ れろれろれれろ れれろれろ。休日前の夜、如何お過ごしですかコンバンワー。ぼくちんは
相談もせず勝手に購入し、ビニール包装を取ってない状態でハニーから借りた殿(キタムラカズキ)のDVDをマムと見てました。『よこやまやすし物語』です。好評だった。自分は生のやっさんより、モノマネの記憶が強いんだが、マムは「似てまんなあ。横顔なんかそっくり!歩き方まで似てはるわー」と感心しておった。ところで
「上と下、どっちが作り物だと思う?」
「上」
即答でしたね。殿は過去、役作りのために前歯を8本抜いているらしい。もう過去の過ちってゆーか若気の至りなので触れないであげて!とゆーファンの声も目にしたが口元がアップになる度、ぎっ!と見てしまう。なれど判別致し難く。すんません。スッキリしたので、もうトリップするまで口元凝視すんのは止めます。
てな訳で(どんな?)冒頭のれろれろ、は殿がチンピラ等を演じる時の声の響きだ。(よこやまやすしはチンピラじゃないけどカタギでもないのでこっちだろう)そんな時、ぼくちんの耳には「れろれろれろれろ」と聞こえるのであるよ。ちなみに善人(パンピー及び・・・・・・・・パンピー)を演じる時は「けろけろけろけろ」と聞こえる。
 図書館で16冊借りた。今週末は読書三昧ある。読んで読んで読みまくるある!!と言いたいあるが、部屋の模様替えもしたいあるよー。どげすーだ。うららかに悩む日の摂取物。
昼→サンドイッチ(トマト・レタス・ツナ・マヨネーズ)・紅茶
夜→汁物(トーフ・卵・ネギ・ショウガ)・巻き寿司(サーモン・ネギトロ・エビ・サラダ)・クリームコロッケ・黄金イカ・つけもの(大根)・ほうじ茶
間食→黒酢ドリンク
[PR]
by jiaobo | 2009-06-05 23:55
ドクダミ香る初夏の夜
 天知る地知る我が知る!昨日の日記は、あの時まで存在していた!そう!また消えたンだッ!でも昨夜は何時もと一味違うアクシデントだったため、パソコンではなくハニーの念波のせいかもしれない。『おんなりはつしのこい』(殿ことキタムラカズキ主演の映画)をもう一度見たので、彼女がこの映画をどんなに好きか赤裸々に書き、その理由にまで迫ろうとしたのがいけなかったのか?もっと大きな力が原因だったらどうしよう。全世界に存在する殿ファン達の、許さんぞ念波を受けてしまったのかッ?あるシーンで吹き出したから?悪気はなかったんだよう。殿のことは好きなんだぜ☆でもあのシーンは、おかしいよ・・・・・・・・殿ファンのお嬢さん達にも人気の高いこの作品。シリーズ史上、最高の官能・最深の純愛とゆー言葉を否定しようとは思わないが・・・・・・・・ああ、この気持ちを誰かと分かち合いたい。明日にでも冬花へ回そう。
 「そろそろシャワーでもいいね~」
と言いながらマムが風呂を入れていた。初夏から初秋までは湯船を使わず、シャワーのみ使用するのが我が家の家風なのであります。個人的には先月末頃から、風呂は暑くていやだなーと思っていたのでシャワーだっていいんだが。むしろ風呂だと湯上りに汗をかかぬよう、湯船滞在時間を縮めたり湯が冷めるのを待ったりして調整すんのは面倒なんですが、今夜も風呂ですかそーですか。ざぶん。
まーでも浸かっちまえば気持ちいいヨネー。最近、肩凝りがひどいし。ナイロン製の起き上がりこぼし的へなちょこサンドバック風で運動始めたから、筋肉痛かもだ。軽いから今ひとつ運・動!!な感じしねーけど。そんなモンで筋肉痛だけど、ギブミー本格的当たったら痛いサンドバック!などと考えつつ肩を揉む。
湯量の少ない湯船で肩まで浸かる。窮屈で身動きし難く、浅瀬に迷い込んだクジラみたいな気分だ。もう潮を吹く元気もありません・・・・・・・・ぶくぶく。こんな生活してるとエロなんか書けなくなるなー。唐突にそう思う。
「カズキ、俺のカズキ」
なるセリフが唐突に浮かぶ。
頭の中でハニーのため考えた殿攻メモをパラパラ。余談ながらハニーは「綺麗な人が受」とゆー主義(?)。
マツヤマけんいち×タマキヒロシ(世界にひとりっぽい)
殿×タマキヒロシ(世界にひとりだと思う)
かげかつ×かげとら(逆は多い)
究極の受は誰かを決めるには「かげとらとタマキヒロシ」ならどちらが受なのかを聞かねばならないが、これは時を超えたファンタジーなので保留とする。とにかくタマキヒロシは2冠。では自分内で無敵の攻な殿×彼で。
これでひとつ!
・・・・・・・・・・。
ほら~あんじゃん?前に作った設定がさあ。
・・・・・・・・・・。
ど、どうした?
うん・・・・・・・・・・なんか、今、別のモノが見えた。つまりさ、俺にとってタマキヒロシは受じゃないみたいで。
そうか。何が見えた?
・・・・・・・・殿×マツダショータ。
え?
言うな!ってゆーか自分で言う!そんなカップリングを思いついたのは世界で自分一人なんだぜ☆
[PR]
by jiaobo | 2009-06-04 23:36 | 世界で一人
夢の話はまた今度
 先週末は久しぶりに映画館で映画を観た。『部長版三国志』を初日に初回!一緒に行ったのはハニーと冬花。ハニーは予告映像を見せた際に「面白そうじゃん!見たい!」と言ってたし、冬花には「俺のかっこよさで丼飯3杯イケちゃうよ?てな感じだと思うけどいいかな?」と念を押したんだが、二人とも部長ファンな訳ではない。見終わった後、両側から「なんじゃあのへっぽこ映画はー!!ドンガラガッシャーン!!(ちゃぶ台をひっくり返す音)」とゆー勢いで攻められたら堪らん・・・・・・・・てな事を考えながら見ていた。
c0060506_0173998.jpg

いやー何が格好いいって、晩年バージョン。子龍の人生を早巻きで辿る物語なので、徐々に老けていく訳だが、この姿がスクリーンに映った瞬間、はうあーと口が開きましたね!なんつー格好良さ!!当然だがラストシーンもこの姿で飾っちゃうんだぜ☆ただでさえイカした老人に弱いってえのに!部長が泣かずとも、ぼくちんの涙腺が緩む・・・・・・・・・・前にだね、隣で冬花が「ぐす、ぐすっ」と!遅れてハニーが「ぐすっ、ぐすぐす」と!
ファンより先に泣くか、キミタチ!!びっくりして涙が引っ込んじまっただよ!!
「いやー、あれは男惚れするわ!あたしだってついて行くよ!」
「中国の人間国宝にすべきだよ!!」
「あたし、別に部長ファンじゃないけどあれは泣くよ!部長に泣かされるとは思ってもみなかったけど!」
「あたしもそうだよ!」
映画が終わり、昼食のために入った店で二人は部長の素晴らしさを熱く語ってくれた。
「『あかかべ』より部長版の方が断然いい!赤壁の戦いが省かれたのには驚いたけど」とハニーは付け足す。
そこは『あかかべ』を見て補完していただくとゆー事で。
冬花に殿(キタムラカズキ)のDVDを渡して別れ、別の映画館へ向かう。今度は殿の映画だ。
「部長の後に殿、濃いなあ」
「待て待て。部長は濃くないぞ?ってゆーか殿の方が濃いし?」
「顔はね。でも存在感やオーラが強く眩いほどだからさ~」
その場は「そーか。そーかもな」などと思ったが、えだっち(@殿)は子龍の2000倍濃かった。
映画はさくっと面白かったです。
[PR]
by jiaobo | 2009-06-01 23:41 | 画像