ずばっとごりっとまるまる お断りだ!
by jiaobo
メイド・イン・カッシーナ展 2009.4.24FRi.-6.7SUN. 森アーツセンターギャラリー 六本木ヒルズ森タワー52F
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧
そりゃ良かった(By鴨)
c0060506_234973.jpg明日も天気が良さそうなので遠征いたし候。(語尾が時代かかっているのはハニーが後で「新○組」のDVDを見ているせいゆえ。ご容赦願いたい。お、はじめくんだ。「小田ジョーは先週京都に戻ってきたんだよ。先週って言い方ヘンだよね、えへへ」そーかい良かったね。)「Jャンパー」と二個ール・キッド萬目当ての「ゴールデン・コンパス」の2本立て(予定)。今夜は「野獣カケロ」を読むか。オオサワ祭、インターバルを挟んで地道に開催中。手を引こうと思いつつ天使シリーズとこれを借りてしまった・・・・ちなみにインターバルの内容はクゼミツヒコ氏の「ヘイ下」とミウラシヲン氏の「ブッカを得ず」とこちらも2本立て。
[PR]
by jiaobo | 2008-02-29 23:40 | 画像
キングの禁句
c0060506_0173143.jpg

      今週の
c0060506_0184874.jpg

      ツボ!!
                        
[PR]
by jiaobo | 2008-02-28 23:47 | 画像
日常のスリル
 背後から銃を突きつけ横付けバンに引きずり込む心意気で仕事帰りの冬花を待ち伏せ。彼女は腰に指が当てられた瞬間、「ある訳ないじゃ~ん。でも、銃?」と思ったそうです。ジャック↓を心に住まわせているだけあるな!真意を汲んで頂けて非常に嬉しく思う。
c0060506_22244168.jpg
友よ、また会おう。
追記
「今日は何してた?」とハニーから電話。
「冬花と会って『虎ンス4マー返した』」
「ええ~?!カチャカチャカチャ、っていう変身シーンがカッコイイんでしょ?見たかったのに~!」
その・・・・あんまり乗り気じゃないよーな気がしまして。「プレ捨テージ」の時、寝てたし。
「うーん。寝ちゃうような話じゃないよね。なんで寝ちゃったんだろう?すかはんが何時出てきたか全然憶えてないし、牢屋のシーンで寝ちゃって起きたらまた牢屋のシーンで、あれっ?と思ったらもう終わりだった」
というわけで
友よ、また貸してくれ。
[PR]
by jiaobo | 2008-02-27 22:06 | 画像
 ハノアキが標準語しゃべってる・・・・・・!ミーはショックだよベイビー。シーのキュートなスピーキングが大好きだったのに。オウ・マイガッ。えーハノアキはイズミモトヤの嫁になった女優です。小作りでスイートなルックス、例えるならオパールのような天然系の女の子だった彼女の最大と言っても過言ではない(個人的)チャームポイントが「京都弁」と紹介される、ゆる~いしゃべり方だった訳ですよ!結婚した時、はにゃらかした声に似合いすぎて1度聞いたら忘れられない響きを耳にすることが出来なくなるのか~とヒジョーに淋しく思いました。それが再び聞けるよーになったと思ったらぬか喜びかッ!恨むぜモトヤ。
 
[PR]
by jiaobo | 2008-02-26 23:53
指を繋いだら永遠が見えた
 今日は「青Encounter」&「虎ンス4マー」の2本立て。
「青Encounter」
最早つっこみながら見る方が間違っている。先の読めない物語(伏線のない出たとこ勝負な展開とも言う)に身を委ねるよーにして観賞。異星人とのセックスシーンはサイエンスフィクションっちゅーよりスーパーファンタジーの趣があるな。日本語吹替だった点が残念だが、悪いのは自分なので誰も責められない・・・・買う時に気付けよ。
「虎ンス4マー」
カショカショ音を立てる変身シーンが見たくて冬花から借りた。↑よりずっと金がかかっているのに、湯気の如く立ち上るマニア臭。しかし物語は「青少年巻き込まれ型SF」で分かりやすく清々しい展開は「ポケ門」のよーにハートウォーミングだった。
[PR]
by jiaobo | 2008-02-25 23:55
たこやき・・・・・・
 雪がやんでおり積雪ナシで駐車場が凍り付いていなかったので、「チーム蜂スタのえいこう」を観に行けました。「エリざべす黄金期」と2本立てだ!昼飯食ってイギリスに突入!
「エリざべす黄金期」
ハニーの方が前作を見ていて乗り気だったし歴史モノだし特に好きな俳優も出ていないので、退屈で寝ちまったらどげすーだ!と思っていたら(寝たのはハニー・・・・後から感想を語り合った間食から察するに700円分くらいの損失だろーか。しかし、疲れているのかと思うと起こせない。映画館でも)すっげ面白かった。何故だろう?何が・ドコがと言葉で言い表せないんだが、石造りの回廊とか頭に飾った羽根とか見てて楽しかったんだようん。言語にもこだわり(時代考証とか)があったのだろーか。言葉が耳に心地よかった。
「チーム蜂スタのえいこう」
設定は地味だけれど面白い小説を一気に読んだような。公式サイトでチームメンバーを見て高揚したその心を裏切らない映画だった!CMのせいかポスター故か、阿ニキ(アベヒロシ)がメインでゆいこが付け合せだと思っていたら逆で、しかしそんな事は気にせんぞ俺は!と。ゆいこ可愛かった。スーツで闊歩する妖しい阿ニキはサイコーでしたよ。別の次元から来た生き物のよーだ。あの怪しく光るギョロ目とスマイルライン(笑い皺)に飾られたこうばしい笑顔・・・・そのお姿をば拝見しておりますと、我が夢想は再び膨らみます。ぽ(ー)る(・)べ(たにー)と共演してくんないかなあ・・・・!頭脳派:阿ニキ&肉体派:ぽるべの「人種が違うにも関わらず同じ始祖を持ってる感じのそこはかとなく人間外チックなコンビ」で「〇棒」みたいなのなんかどうだろう。ところでチームメンバーの池ちゃんを見ると書ーンを思い出します。逆はないんだが。目をクワッと見開く仕草が似てるからかな。
 
[PR]
by jiaobo | 2008-02-24 23:22
タイミング
c0060506_0151960.jpg 雪が降っております。明日の朝、雪がやんでおり積雪が笑っちゃうくらい僅かで駐車場が凍り付いていなければ「チーム蜂スタのえいこう」を観に行けます。もしダメだったら泣き崩れるハニー(彼女は「ヒトのSEXをワラウナ」狙い。マツケン@サンバ踊らない方祭続行中)をなだめ、こっそり持参した「鳥ック2」を見るとゆーのがプランB。もちろん計画変更はない方が望ましい。

追記
背後で「魅惑のアジアンスター」を読んでいたハニーが(中略)ぼくちんの英名を考えてくれました。
「エドワード!いいでしょう~エドワード!」
「英国風ですなあ。愛称はエデ」
「エド!!!」
鋼レンか!
[PR]
by jiaobo | 2008-02-23 23:28 | 画像
Ah,damn..........
 表皮の下は筋肉だけ、というボディビルダーみたいなムッキムキではスタミナに乏しく打たれる衝撃にも弱いので脂肪がのっている方がいいらしい。ダニーみたいに?あの美味しそうな体は真の実戦向きなのですかオオサワ先生?てな具合に脇道へ逸れながら「テンシの牙」を読む。本日も図書館へ行きました。前回の分をごっそり返し、ごっそり借りては読書以外何もしない自分がいるのでほどほど借りる。冬花に「虎ンス4マー」のDVDも借りる。お礼にほどほどの中から「魅惑のアジアンスター」に掲載されている、さぶのグラビアっぽいダニー&照レンスの写真を見せる。うーむ。この体つき、エロ小説でいう「まろやかな」ってやつ?いや、そんな事より今回も冬花にゴチになっちまいましたよ。「悪いなあちょっぴり:いいのー?ごめんねえ体で返すから」これを人はヒモ体質と呼ぶのだろーか。マジで体で返す気満々ですから。

c0060506_0492339.jpg








Who's tell you things aren't so great.
Who's gonna pay attention to your dreams.
Who's gonna plug their ears when you scream.
[PR]
by jiaobo | 2008-02-22 23:19 | 画像
覚えているよ
 「ザ・序ーカー」を読む。どの辺りがリリカルなのか今だ分からず。風俗店の名前が「ファンシーワンワン」な所か?ねっとりした性交描写がないからかのう。オオサワ氏の合間に読んだ「昔の話」と「ケンゾク」のシンプルなエロさが際立つのはそのせいか。静かにひたひたと侵食する細波の如きエロティシズムを我は愛す。
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080221-00000038-scn-ent
うはー!心の中で1000匹のパンダが踊ってるよ!ひゃひゃひゃひゃひゃ!!
 居間を覗くと親父様がツタンカーメンのミイラみたいな姿勢でコタツに入っていた。冬花に借りた「二十四」のDVDをせっせと見ているのだ。その合間に現シーズンも見ているので「大変だよ~」と言うが、現シーズンは録りためておいてDVDを先に見たらどうだ云々とは言わないでおく。昨日から臨時父子家庭なので晩飯の後は自分もコタツでまったりする。皿を積み上げたトレイを傍らに放置したまま持ち込んだ本を読む。テレビを見る。マムがいたら出来ないのであるよ。自分の気分次第で動くってのは気持ちいいんだなあ・・・・・しかしそろそろ洗わねば。食後1時間経過で洗い物をし米をとぎコタツへリターン。序ーカーの続きをば。
「香港のなんとか、見る?」
ページを開くと親父様がきいた。
「あ」
テレビに夜景が映る。どちらから見た風景だろう。
「おとうさんが行った頃とはずいぶん変わっただろうなあ」
親父様は10年前の香港に行っている。雑多な小間物を突っ込んだ引き出しから見つけたキーホルダーは受け取らなかったその時の土産で、今頃机の前に吊るしている。金色の輪の中でバウヒニアが回るキーホルダー。刻まれた文字は中華人民共和国香港特別行政区・HONGKONG。縁に手をかけているだけで触れていない。稚拙な恋の感触は時々心を締め付ける。

 
[PR]
by jiaobo | 2008-02-21 23:30
悪い噂が追ってくる
 「魔ジョの盟約」前作の「魔ジョのえくぼ」を読んだ。「かえってきたあるばいと探偵」も読んだ。ハニーが「あの人の文章ってリリカルだよね」と言ったので、気になってオオサワアリマサ氏のを数冊借りたのだ。ついでに借りたミウラシヲン氏の「昔の話」「魔ほろ駅前ただ便利権」も読んだ。最後のは風呂で。ゆえに本日の入浴時間は1時間半。自分にとっての読書って飯みたいなもんだな、と思う。体内を通過して出て行く食べ物と同じだ。読み終わって積み上げられた本とうんこは似ている。同じ飯なら美味いものを食いたい気持ちと面白い本を求める気持ちも同じようなものだし。本はうんこと違って気に入れば捨てずに何度も読み返す所は違うが。待ちかねた本のページをめくるあの感じは、すっげー腹がへっている時のがっついた気分に極似してるな。噛まずに飲み込むような食い方はあまりしない方だが、本に対しては「噛まずに飲み込むような」読み方をしょっちゅうしている。
 
[PR]
by jiaobo | 2008-02-20 23:47