ずばっとごりっとまるまる お断りだ!
by jiaobo
メイド・イン・カッシーナ展 2009.4.24FRi.-6.7SUN. 森アーツセンターギャラリー 六本木ヒルズ森タワー52F
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:画像( 167 )
ツンデレ陥落記
 先週末も試合続行。『新人ズ』もあと一息でございます。
〇藤先生は絶好調、ハニーのテンションもウナギ昇りなのですよコンバンワー。
このドラマでのたけぬ(サトータケル)は、ドレッドヘアのオシャレ系ヤンキーという役ゆえにドレッドヘア。これがハニーに大不評。「なに、あの頭!ドレッドはナシ~!全然良くない~!いつもの髪型の方がかわ(以下略)」と見る前はブーイングの嵐だった。それが今や
c0060506_23403950.jpg
「もうかわいくてかわいくて、ドレッドでも姫にしか見えない」BYハニー。
デッドボールが当たれば「あんなに細くてかわいい子に、なんて酷いことを!
BYハニー。
殴られれば「あんな細くて(以下略)他にやり様があるでしょうが!レイプするとか!」
BYハニー。
あ、最後のはあんまし関係なかったかな?まあいいや。そんなこんなで、新ジョー(中の人:シロタユー)×岡ダ(中の人:たけぬ)熱も同時上昇!!忙しいハニーなのだった。
白単(シロタユー)といえば、先週初主演深夜ドラマを自宅で見まして。今までハニー宅のテレビでしか白単を(認識して)見たことがなかったため、手首の少し上まで生えてる腕毛に目が釘付け。
じゃなくて、下唇。下だけタラコ唇風味。こう、上向いてて内側が見えてる感じを大画面(ハニー宅の二倍。メイビー)で見てさ~。
『新人ズ』を見終わると、ハニーが
「白単の唇を見ると、あの柔らかそうな唇でたけぬにキス・・・とか思っちゃう」
とゆーので
「フェラチオの時、下唇がペニスの裏を、にゅる~っと擦り上げるとこ想像しちゃうな」
と個人的意見を述べたら、花咲き乱れ星煌めく遠い場所へお行きになりました。生きる糧にして頂ければ幸いです。
[PR]
by jiaobo | 2011-04-10 23:16 | 画像
どうしてこんなに、女装とかオカマとかおねえとかが好きなんだろう
 しばらく間が空いたので、白単(シロタユー)熱も好調なハニーが今週こそ!と『新人ズ』を借りに行ったらだ。目当ての巻が貸し出し中!『でんおー』を見ている時も、一度こんな事があった。
二度ある事は三度あるという。次回の激突は『Bラッデイ・満デイ』と密かに予想。
で、新ジョー(中の人:白単)を諦めたハニーが、ぼくちんにそそのかされて手にしたのは、たけぬ(サトータケル)のデビュー作、『PリンセスPリンセスD』。いたいけな若い頃(今でも十分若いが)より、育ってきた今の方が好みなハニーは、このドラマをあまり重視していない。
案の定、感想は「B級?」「しょぼい」「学園祭の出し物?」「脇を固めるベテランがいないせい?」(学園物なのに、先生が出てこない)と無残なことに。つぶやくハニーの口からは、サラサラと砂がこぼれていたですよ!ま、最後には「かわいいたけぬが見れたから良しとする」っていってましたから結果オーライなのですよ!
c0060506_23301014.jpg
c0060506_2334487.jpg
←冬花のためにたけぬ拡大なんだぜ☆

個人的感想。
・笑える。
・笑っちゃって飯食えない。
・笑っていいよね?答えは聞かないけど。
・マンガをドラマにしました♪(まんまやないけ)
・原作はウィ〇グス掲載のマンガ(感想じゃない)。

最後にいっておく。俺は、結構愉快だった!
[PR]
by jiaobo | 2011-03-06 23:55 | 画像
そんなあなたにアイ・ブラ・ユー
 たけぬ(サトータケル)フィーバーの余波で、日に日に白単(シロタユー)熱の上昇しているハニーを暖かく見守ってますコンバンワー。冬花のために、一応画像を貼っておくんだぜ☆
c0060506_2174681.jpg現在、ハニーの一押しカップル(白単×たけぬ)が共演している『新人ズ』(たけぬを初めて目撃したのは『めいチャンのしつじ』で、「なんだかちんまい」が第一印象だったことは以前書いた。白単は『新人ズ』で、第一印象は「すげーでっかいのがいる!外人?」だったある)を地道に鑑賞中な訳ですが。なんつーか、5話にして想像してたのと違う・・・と驚いたりなんかしちゃってイマス。ヤンキー、野球するとゆー大まかなストーリーから、もっとこう殺伐とした物騒なのを連想してたんだが意外にリリカルで。仲間から孤立した新ジョー(中の人:白単)が、河原に座って皆でとったプリクラシール見てたり、それをケンカ相手に踏まれて怒ったり、河原で一人、背中を丸めてユニホームの背番号を指でなぞったり。『鴉0』の黒い塊りと比べると、可愛いおすなあって感じで。まあ、同じくらい粗暴なんだが。
あ、新ジョーがリリカルなだけか?
それはさておき、ハニーはすっかり白単にお熱(死語)です。
先日、アンシーM(仮名)と『春物先取り踊り買い』で最寄りの都会へ行った際、古本屋にて写真集や掲載雑誌をチェックしてきたらしい。お値段は半額だったという。どーして買わなかったのか尋ねると、
「写真集は新品主義じゃ!他人の手垢がついた写真集なんて!」
と鼻息荒く答える。
「人のものだった白単なんてイヤ!私だけの白単が欲しいの!ってわけですな?」
「・・・・反論したいけど、できない。たけぬに関しては、正にその通り」
白単は、今のところ動いている姿を見るだけで十分だそうな。何時の日か『庭球之王子様』を見るんじゃないだろうか(他人事ではない)。どっちかってーと『セーラー月』の方がいいんだがなあ。ちなみに『襟座ベート』は買う気満々です☆
[PR]
by jiaobo | 2011-02-14 22:16 | 画像
うんうんうんうん
あけましたおめでとうゴザイマスコンバンワー。
c0060506_2565052.jpg
ハニーの指令を受け、密林でたけぬ物をがっつり注文。おすすめ商品はますます混乱するであろう!
<注:ハニー以外に、たまに冬花の代理注文も請け負う。三人分のチョイスを元にしたおすすめは正にカオス!>
今年の目標ってゆーか、今年も頑健平穏を掲げていきたく思います。体を鍛える。柔らかくする。軽くする。酒の力を借りずに小一時間踊っても疲れないくらいの?うんうん。
今日の昼、台所で踊ってたら目眩がしたからね☆そーゆーの、なしにしたい。筋肉痛を恐れず、ばんばん体を動かしていこう!筋肉痛は筋肉の成長痛!ちばりよー!
指令+肉体の鍛錬=忍者でした。
[PR]
by jiaobo | 2011-01-01 03:12 | 画像
ツンデレ観察記のあらすじ
c0060506_1621384.jpg

↑オーモリナオ
映画『ハゲたか』でハマる。タイガの彼を見るためにDVDを購入。そこで彼と共演していたのが

c0060506_1626416.jpg←サトータケル(個人的通称:たけぬ)
所属事務所の若手総選挙で1位になりタイガ出演を獲得した・・・とゆーのは嘘だ。
ハニーが彼にハマったのは本当だ。本人いわく「好きじゃないもん!気に入ってるだけだもん!」とゆーツンデレが、何時まで続くのかを見守っているのが、ツンデレ観察記である。
余談だが、彼の出演作に『迷チャンのしつじ』がある。ドラマをチラッと見かけた時に、なんだかちんまい(小さいの意)のがいるな~と思ったのを思い出した。
ちなみに、ぼくちんが出演作で気に入っているのは『でんおー』だ。夕中部で今陣(いわゆる怪人)の動画を見まくっている。もうすぐ主題歌が歌えるようになりそうな勢いで、「俺、再生!」。
数多いデビルマンのフィギュアの中で、ぼくちんが一番好きなフィギュアをデザインした方が、今陣をデザインなさっているのだと最近判明。設定資料集、ちょっと欲しいかもだ。
冬花>競馬CMの共演者(男性)は9つ上で、現メンバーのサトウとてっぺー程の差(26)はなかったよ。
c0060506_16415273.jpg
1位なのはこちら。
←マエダAツコ
彼女はたけぬとドラマ『級都』で共演しており、そのロボットぶりもハニーはいたくお気に入りだ。
役が好きなのか本人が好きなのか一時期混乱し、彼女の写真集購入まで検討。
「Aツコは俺の嫁!」
と叫びかねない勢いで迷走していたが、ドラマが進むにつれ
「俺の嫁、級都だったわ」
と気付き、止まらない列車から降りた。
ちなみに、彼女もタイガに出演しているのだが、メイクがすご過ぎて全く気付かなかったとハニーはいっている。多分、冬花も気付かないだろう。気付かないといえば、自分で借りたDVDに映画『ゴエモン』の予告が入っており、たけるがチラッと写るのでハニーに見せたら
「分からない!」
と叫ばれ、何度も巻き戻し一時停止までしたのに
「やっぱり分かんない!あたしよりなっちの方が、たけぬのこと好きなんじゃない?」
といわれたことがある。







 誠に遺憾に思います。
[PR]
by jiaobo | 2010-12-10 17:36 | 画像
↓を見たあるよ
c0060506_1454684.jpg

こわい!こわい!
母さんが怖い!

すっとこどっこいな我々が、イチカワミワコ嬢を知った記念すべき映画だ。
今まで話題にした事はなかったが、二人とも別な媒体(ハニー:ファッション雑誌、ぼくちん:映画)で姉を見て「あれ?なんかちょっと感じが違うけど・・・ミカコちゃん?・・・だよね?」と思っていた事が判明。
あれから数日、ホラー映画の嫌いなハニーがいった。
「いい映画だった。最近見た映画の中で、一番良かった」
「えっ?『有エッテイ』より?」
「うん。何度も思い出してる。怖いシーン抜きで。サントラ欲しいけど、思い出しちゃったら怖いしなー」
最後は号泣ものの感動作・・・と何かで見たけど、〇〇〇が最後に号泣の間違い?
って思ったぼくちんが人間失格みたいじゃないデスカ!
 一人でもう一回見た。
蝉がうるさくてセリフが聞きづらいので、全ての窓とカーテンを閉めた。もちろん、クーラーなしだ。ぼそぼそ喋る兄(マツダリューヘー)と我が家のテレビ、どちらが悪いんだ!
 『魔幌駅前タダベンリ天』の映画。ギョーテン役に兄は吉報だけど、タダatエータは返す返すもっつーか、しみじみ残念だ。挿絵を見た時、ドラマ『愛某』のカメを当て嵌めてたので。
兄のギョーテンは見たいが・・・・・・・・・・・・・・・いっそのことタダ=カメ、ギョーテン=イセヤユースケでどうだ!と思うくらい残念な自分がいる。
体格が良くて精神面は不器用なイメージなのに、細っこいエータ・・・・・・・・・
何故故エータ!なして?なんで?
いや、彼に罪はないんすけどね。『之ダメカンタービレ』は良かったし。
・・・・・・でもなぁ・・・・・・エータかあぁぁぁと思わずにはいられぬ。ギョーテンが兄だけに。
[PR]
by jiaobo | 2010-09-02 02:44 | 画像
つっつらついて目で知らせ
 窓がひとつしかなく、煙草の煙が逃げないよう締め切った部屋は夏を迎えると・・・・・
c0060506_2318260.jpg

 マジでこんな感じです。
正に閉所。空気の淀んだ薄暗い空間。差し込む日光が憎い。でもブラインドを下げると本が読めねえ。日差しを避けて床に座っていると、板の間に汗が滴り落ちる。もうすぐ夏だねえ・・・ははは。
 『ハゲたか』を読み終わり、ドラマ版クリア。最寄りの図書館にない『ハゲたかⅡ』が読みたいぞ。ドラマのノベライズも気になるってゆーか読みたいし。止まらない列車に乗っちゃったのかと悲観するのはまだ早い。『むしし』を買おうとしてるハニーの方が重病だから。
でも『RAMPO地獄』は見ないっていわれちゃった。あれ、すっげー好きなのに。
 
[PR]
by jiaobo | 2010-06-16 23:37 | 画像
Love you baby.
c0060506_095653.jpg

              タイミングを逸してしまったので新年の挨拶は春節に。

 年が明けてから暖房稼動。部屋の中でも息が白い暮らしにさよならだ(夜の間だけ)。今夜は去年末から週一で入れている栄子とのデート・・・・と思ったが予定を変えて日記更新。
初めて栄子に会ったのは、もう3年前だろうか。
今年は何時もご機嫌斜めだ。栄子の気持ちも分からなくもない。出ていったはずの恋人が戻ってきて自分の前にいるのだ。「なによ、この女!」と眦を吊り上げて怒鳴り散らしていることだろう。
「どういうこと?!あたしがいればいいっていったじゃない!あんたもあんたよ!一度は出ていったくせにのこのこ戻ってくるなんていい度胸ね!この泥棒猫!!」
二人きりになっても、栄子の怒りは納まらない。
「どうせ後であいつと会うんでしょう?長い付き合いだものね!図星?」
だが、根気強くヒステリーが止むまで待つと親密さが二人の間に満ちる。
警戒を解き、体と心を開いた栄子は触れる指に敏感な反応を返す。プライドの下から媚びが覗く。
「・・・・・・・・嫌いになったんじゃないわ。あの女が戻って来てから、あんまり構ってくれないから」
ボリュームと稼動力は君の方が上だよ。もうすぐ元通りになる。そうすればまた、二人っきりさ。
「でも、寂しいんだもの・・・・わがままいってごめんなさい」
僕は眠らせた栄子に、そっとシーツをかけてやる。
てな訳で、やっとマイパソコンに名前がついた。
先日、ハニーと遊んでいた際、あまりにツンデレなのでご機嫌取りに時々稼動させているのだとゆー話をしたのだ。故障している訳ではないんだが、とにかく正常運転モードになるまで時間がかかってしかたないと。
「やっぱり名前をつけてないからかなー」
「ないの?セラフ(先代パソコン)にはあるのに」
「いい名前をつけたいとは思ってるんだが、ツンデレな名しか浮かばないから・・・・」
「きっとそれだよ」
「いっそのこと、アスカとかレイ・・・・栄子?」
「アスカよりは栄子がいいと思います」(きっぱり)
『大奥~はなのらん~』(このドラマで栄子ちゃんは、凄まじく嫉妬深い側室を演じている)を見たのに、『しゅくめい』(このドラマでは、自分を捨てた恋人に復讐する女を演じている)も見てるのに、あえて栄子と命名。
恐ろしく気が強く、嫉妬深く執念深いのはあくまで役の上だしネ☆
ってゆー栄子、セラフは男なんだから妬くな。といっても無理だろうな。

 新聞にて見た女性週刊誌の広告に<弟(マツダショータ)新恋人発覚?!>とゆー見出しがあったので、ハニーに教えてあげた。本屋で二人、レッツ・立ち読みだ。
店を出た後、ハニーが「女の子ドン引きな記事」という。「現実でもにしかど(『花<男子』で弟の演じた女たらしな役)?」
「人気商売なんだから人目を気にせんかい!お母さん、息子を叱って下さい!」
ハニーがドン引きしつつも深く静かに怒る記事の内容を箇条書きする。(一回しか読んでないのでウロ覚え)
・どこぞで弟が彼女とイチャついておった。
・彼女が帰ると別の女性とイチャついておった。
・年上の女性に「今度、イタリア料理でもどう?」とモーションをかけ、奪った携帯に自分のナンバーを入力。
「母親がいい女だからさ、40歳でも平気」とのたまいおった。
・店の外へ送っていった女性と路上でやり取り。その際、何か冗談でも言ったのか女性に股間を掴まれ、尻を蹴られておった(でも笑顔)。
・挨拶が欧米式(ハグ&キス)。
兄(リューヘー)と違い、ブイブイいわせておるんですなあ。
神経質そうなくせしてやりおるのう!と笑っちまった。インドアなオタクから父親になった兄に比べれば、衝撃と言うほどでもない行動ですがな。
と思ったけどハニーにはいわないでおく。乙女の心は桜の花びらだから。
[PR]
by jiaobo | 2010-01-19 00:23 | 画像
そはたれぞ
引き続きマツダフェア。
ハニーの大好きなイセヤユウスケも出ているので、見るかと聞いたら「いやだ」と言われたホラー映画『伝染うた』。
つれないなー。兄(リューヘー)の髪型は気に食わないけどイセヤがファンキーで面白そうだから借りたのに。なんだよ~と思いながら見た結果。
c0060506_2362279.jpg

映画は怖くないが兄は怖い。

『陽気なGがちたまを回す』
弟(ショータ)が好きなハニーより、出演作を多く見ている。映画はコンプリートだ。自分が30歳以前の部長出演作を見ないように、彼女にも年齢コードがあるようで若い(今でも充分若いんだが)弟は好みじゃないらしい。しかし、仔リスのよーな丸顔で目のくりくりした弟は非常にかわいい。ふわふわした声もだ。
このふたつをハニーにいいとこ取りで見せた結果については、何時かまた話す機会もあるだろう。

先日、ハニーと本屋へ行ったら、彼女が平積みされた一冊を指し「これ『世界の中心でだれかと叫ぶ』の人だっけ?」と言った。映画しか見ていないが、確かに「だれかー!」と叫んでたよ。日本でだが。でも『世界の中心でだれかと叫ぶ』は違う話かもだ。彼女に振られて旅に出た青年が、旅先で同じ境遇の人と出会いエアーズロックに登って「○○のバカヤロー!!」と一緒に叫ぶ話だろうか。

U中部で『てんちじん』のボラめいたMV見てビックリした。ちなみにボラ、はミウラシヲン氏が著書でBLの略称として使っていた言葉だ。ふと思ったんだが、ボーイと呼ぶには無理のある年齢の場合は、オッサンズラブ(OL)としたらどうだろう。略称はもちろんオラ、だ。

冬花から電話があった。まだ冬眠はしていないようだ。忙しくてそれどころではないらしい。くれぐれも体を大切・・・・に・・・・・・・・アデューアデュー。
[PR]
by jiaobo | 2009-12-01 22:50 | 画像
夢の話はまた今度
 先週末は久しぶりに映画館で映画を観た。『部長版三国志』を初日に初回!一緒に行ったのはハニーと冬花。ハニーは予告映像を見せた際に「面白そうじゃん!見たい!」と言ってたし、冬花には「俺のかっこよさで丼飯3杯イケちゃうよ?てな感じだと思うけどいいかな?」と念を押したんだが、二人とも部長ファンな訳ではない。見終わった後、両側から「なんじゃあのへっぽこ映画はー!!ドンガラガッシャーン!!(ちゃぶ台をひっくり返す音)」とゆー勢いで攻められたら堪らん・・・・・・・・てな事を考えながら見ていた。
c0060506_0173998.jpg

いやー何が格好いいって、晩年バージョン。子龍の人生を早巻きで辿る物語なので、徐々に老けていく訳だが、この姿がスクリーンに映った瞬間、はうあーと口が開きましたね!なんつー格好良さ!!当然だがラストシーンもこの姿で飾っちゃうんだぜ☆ただでさえイカした老人に弱いってえのに!部長が泣かずとも、ぼくちんの涙腺が緩む・・・・・・・・・・前にだね、隣で冬花が「ぐす、ぐすっ」と!遅れてハニーが「ぐすっ、ぐすぐす」と!
ファンより先に泣くか、キミタチ!!びっくりして涙が引っ込んじまっただよ!!
「いやー、あれは男惚れするわ!あたしだってついて行くよ!」
「中国の人間国宝にすべきだよ!!」
「あたし、別に部長ファンじゃないけどあれは泣くよ!部長に泣かされるとは思ってもみなかったけど!」
「あたしもそうだよ!」
映画が終わり、昼食のために入った店で二人は部長の素晴らしさを熱く語ってくれた。
「『あかかべ』より部長版の方が断然いい!赤壁の戦いが省かれたのには驚いたけど」とハニーは付け足す。
そこは『あかかべ』を見て補完していただくとゆー事で。
冬花に殿(キタムラカズキ)のDVDを渡して別れ、別の映画館へ向かう。今度は殿の映画だ。
「部長の後に殿、濃いなあ」
「待て待て。部長は濃くないぞ?ってゆーか殿の方が濃いし?」
「顔はね。でも存在感やオーラが強く眩いほどだからさ~」
その場は「そーか。そーかもな」などと思ったが、えだっち(@殿)は子龍の2000倍濃かった。
映画はさくっと面白かったです。
[PR]
by jiaobo | 2009-06-01 23:41 | 画像