ずばっとごりっとまるまる お断りだ!
by jiaobo
メイド・イン・カッシーナ展 2009.4.24FRi.-6.7SUN. 森アーツセンターギャラリー 六本木ヒルズ森タワー52F
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2010年 07月 28日 ( 2 )
ちーちゃんとぼく
 ちーちゃんは、僕をおじさんと呼ぶ。
僕はちーちゃんの叔父さんだ。「おじちゃん」と呼ばないのは、僕が自分の事を「おじさん」というからだろう。
他になんていえばいい?
小さなちーちゃんにとって、浮輪なしで川に入るなどとんでもない事らしい。僕は浮輪を抱えながら歩く不安定なちーちゃんの手を握る。信頼のこもった手は小さくても重い。
「ここ、おじさんでも足がつかないよ?」
立ち泳ぎしながら告げたら怯えた。浮輪があるから大丈夫なのに。
それに捕まって休んだ。弾む感触が頼もしい。
「魚がいるよ」
潜ったら浅い所に小さな魚が群れているのが見えた。
「寒い」
ちーちゃんがそういうので、日差しで暖まった岩を探す。掌を当てるとぬくぬくする岩。
「ここにいるから、泳いできていいよ」
「・・・・・・・・じゃあ、少しだけ」
身体を曲げて水中に潜る。水底を触れ急上昇。捻り上げた身体から無数の飛沫。
息を吸い込んで、また潜る。
静かで清涼な世界を垣間見るために。
力を抜いてみた。
身体が何かに包まれたように浮く。何も聞こえない。
沈みすぎないよう息を吐いた。身体が沈む。
そうっと息を吸う。
身体が浮く。
そうっと息を吐く。
足が沈んだ。腕も。
吸うのと吐くのを調節しながら浮かぶ。
おおー。流されてるじゃん、俺。
青い空。碧い梢。
なんて気持ち良いんだろう。
音の無い夏に見下ろされている。
[PR]
by jiaobo | 2010-07-28 03:04
ハンドルの上の夢
 夕べこれをやってる途中で、完成した文章が指示してないのに、まるっとスリット消えちゃってね。だからって訳じゃないけど飲みすぎて、うっすら吐いた記憶があるかもだ!と思ってたらマムに「あんた、夕べげろげろした?便座カバーが汚れてたわよ」って乾いたそれを手渡され、昼の日差しの中で寝起きのサカイマサト(見たことないが)みたいな顔しましたコンバンワー。
 先週末、ハニーと避暑の旅をしてきた。
おかげでアセモが大幅に減退。すっげえ涼しいんだもん!クーラーないのに家の中にいても汗かかねえんだよ?じわっともかかねえで朝が来るんだよ?すげくね?これが避暑?おう!
川でざぶざぶ泳いだし。一年・・・・・二年ぶりか?自転車の勘は乗らないと損なわれるのに、泳ぎの勘は鈍らない。不思議だー。翌日、筋肉痛になったけど。そういったら
「背筋を使うんだー。そのようにして、いせっち(イセヤユースケの愛称)のあの背中は作られているんだねv」
ってハニーにいわれたけど。ガッデム!
 「りょーまが暑苦しい」
「やたろーも暑苦しい」
といいながらタイガを見ている。見るようになってから、新しい遊びが増えた。
ハニー:「あのさ・・・・・やっぱいいや」
ぼくちん:「いわないと、りょーまが来るぞ」
ハニー:「・・・・・」
ぼくちん:(ハニーの両肩をがっしと掴み)「おまんとおいの間に、隠し事はなしぜよ!遠慮せんでええき!話しちょくれんか!」
ハニー:「あー暑苦しい。分かった分かった、いいます」
ぼくちん:「よういうてくれた!」
[PR]
by jiaobo | 2010-07-28 01:05