ずばっとごりっとまるまる お断りだ!
by jiaobo
メイド・イン・カッシーナ展 2009.4.24FRi.-6.7SUN. 森アーツセンターギャラリー 六本木ヒルズ森タワー52F
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2010年 07月 07日 ( 1 )
更なる前進
 どこをどう触っても稼働しない電子レンジを新調したある。
「どんなのがいいですか?オーブン付きとか」
と尋ねる店員さんに、「オーブンはいりません。温めることができればいいのでシンプルなやつを」とお願いしたのに、届いた電子レンジにはボタン(なのあるか?くりって回す部分ある)がふたつもあって驚いたあるね。
外は真っ白で、安いのにクールでシックな雰囲気。よい買い物したある。扉を開けたら中は黒だったあるよ。
「あら、暗いわね」
「いいじゃんべつに」
「でも、こんなに暗いの?」
「あなたの部屋じゃないんだからいいでしょうが。住むんですか?ここに」
と、マムと感想をいいあったある。性能も良くて温め時間が3分の一になったあるよ!
 今夜も髪を切った。満足できたはずなのに、なぜだ。
手にすると切りたくなる魔性のハサミなのか?(近所の薬局で売っているのなら)
楽しいのは確かだけどな!洗面台に落ちた髪を、まとめて持ち上げる時とか。あのもっさり感が。
・・・・・もしかして、そっちメイン?もっさりを味わいたくて切ってんの?どうなの?
・・・・・どうだろう。自問自答のキレ味が悪い。とりあえず明日を待とう。真の仕上がりは洗った上で寝た後にしか分からないからな。
 『ハゲたか』を見てからとゆーもの、接待に憧れている。
高級料亭。手の込んだ麗しい料理。座イス。
「お願いできませんでしょうか?」
「・・・・・・・・お引き受けしましょう」
「ありがとうございます!」
頭を下げる社長。満面の笑みを浮かべた顔を上げ、手を叩く。
パンパン!
「酒を頼む」
すっと襖が開き、着物姿の仲居が酒を持って入ってくる。
いいなあ。おいしい料理と酒。ハニーに告げると彼女は顔をしかめた。
「その代わり、面倒な仕事を押しつけられるんだよ?私はいやだな」
「仕事は小指でちょちょいと」
「いやだね!それくらいなら自腹で美味いもの食べるわ!」
おおう。男らしい。惚れ直しちゃうよ。
まあね。おいしい料理食うなら接待より君との方がいいんだけど。
[PR]
by jiaobo | 2010-07-07 23:19