ずばっとごりっとまるまる お断りだ!
by jiaobo
メイド・イン・カッシーナ展 2009.4.24FRi.-6.7SUN. 森アーツセンターギャラリー 六本木ヒルズ森タワー52F
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
汗が心の涙なら、匂いは皮膚の独り言。
 とある本で、「朝食は食べず昼は軽く。夜は好きに。ただし夜七時までに済ます」という、プチ断食が体に良いとあったので実践。
バイトは肉体労働なので、昼と夜の間の空腹感耐え難く、フライビーンズやら干しイチジクなど食べた。
それでも体脂肪率低下。
もう少し続けてみよう。

 兄(マツダリューヘー)が『山風にし〇がれ』に出ていたと、今日知る。
今までバラエティ番組には全然出なかったのに。今まで何本も映画に出ているだろうに。
何ゆえ今回は、そんなに宣伝に力を入れているのか。
見損ねた悔しさを疑問でごまかす。
山風といえば、松Jが高校の同級生である某歌舞伎俳優の舞台を見に、歌舞伎座へ行った際、他の客に全く気付かれなかったというニュース(?)をネットで見た。
「AB蔵はもちろん、團10郎の若き日もここで観ましたのよ。ホホホ」
てな高齢の常連客が、冥土の土産に来ていたのかもしれない。
マムは、
「俺もまだまだだな、と思わはったことやろな」
と申しておりました。
とっぴんぱらりのぷう。
[PR]
# by jiaobo | 2013-04-16 22:42
それは永遠の憧れ・・・細マッチョ。
 姉と二人、濁流の中にいた。
やがて姉が力尽き、支えている俺にいう。
「もうだめ・・・ごめんねえ、ごめんねえ」
項垂れた頭を自分の頭で支え、必死に持ち上げた。
「姉ちゃん!姉ちゃん!」
「ごめんねぇ・・・ごめんねぇ・・・・・」
「ねーちゃん!ねーちゃーん!!」(絶叫)
という夢を見た。
目が覚めた時、叫びの感触が喉に残っており、実際に叫ぶ寸前だったのだな、と思う。
もしかして、
「あんた、ちゃんとあたしの老後の面倒見てくれるんでしょうね?」
という姉のメッセージなのだろうか。
姉はいないんですけどね。
時計を見たら、午前二時。
ひでーや、ねーちゃん。

 
 
[PR]
# by jiaobo | 2013-04-15 21:04 | ユメモ
花まつり。並び替えると、花(はな)つまり。
 仕事中に思いつきました。花粉症の方々に捧ぐ。
コイツは真面目に働いてんのか?と思われそうだな・・・新兵みたいに真面目に働いております。
去年の今頃は暖かければ裸足で過ごしたが、毎日靴を履くので靴下も履く。
先日、買い出しで軽い靴を見つけたので、仕事用にしてみたところ、靴底が薄く、足の裏が猛烈に疲れる。
中敷きを買い足すか、クッションは効いてるが足首がきつい元の靴に戻すか検討中。

 マムと一緒に、ホームに入所しているマムの叔母に会いに行った。
もうすぐ百歳なので、ミイラよりだいぶ瑞々しい、ってな感じである。でも肌がすべすべ。
皺はあるけれど、その間とゆーか、撫でるとつるつるなんである。そう告げると、
「ほうかえ?せやけど、今日はクリーム塗ってまへんのやわ」
と頬をさすりながらいわはりました。
おやつのどら焼きをむしる手付きも確かで、百歳のお祝いには、ちょっとリッチなクリームでもプレゼントしようか、などといいつつ帰ってきた。
[PR]
# by jiaobo | 2013-04-10 20:45
狙い撃ち映画メモ
 ハニーが、『めぐり合う〇間たち』の話を振ってきた。
映画館で見たはずだが、М・ストリープがオーブンの前で泣き、もう一人がワンピースにエプロンを着けていた息子持ちで、N・キッドマンが付け鼻をしていてほつれ毛のままポーチで放心していた事しか覚えていない。
これらが記憶の全てなので、合わせても内容は全く思い出せないのだった。
 して、彼女がなぜその映画の話をしたかというと、先週末に見た映画『ダレ〇・シ〇ン』を見たため。
出ていた役者が、前述の映画にも出ていた気がするという。
もちろん、証言は無理だ。
『ダレ〇・シ〇ン』の方は、続編ありあり!な感じの終わり方だったが、制作されてない模様。
原作は未読だが、B級の香りがする(褒めてる)中二病少年の物語と見た。
なぜに中二病と断定したのか?
主人公の親友に対し、ハニーは、
「ぐれるなら正攻法でいかんかい!」
といったからだ。
グレ気味なのに、趣味はバンパイア・・・・・・

 やっとこさ『あし〇のJョー』も見た。
お嬢さんと二人のボクサーが三角関係とは(原作でそうだと知ってはいたが、映画では)全く気付かないまま見終わる。このお嬢さんは、何がしたいんだろうな~と思っておった。
色恋アンテナが錆びてるどころか、折れてると見た。
いいんだ。I勢谷Y介の研ぎ澄まされた肉体を鑑賞するのが目的だからな!目的は果たした!

 『NたまR太郎』も見たの段。
監督がミーケだから。そういえば『妖怪大戦争』も見てる。
ミーケが好きならば、他に見るべきものがあるような気もするが、まあいい。
小さい事からこつこつと、だ。
『YッターMン』に似ていて個人的には好きだが、映画にひと時のトリップや感動を求めるハニーには向かないと思い、一人で見た後、事後報告。
「ちょっとなら見てもいいと思った」
だと。嗚呼、乙女心と春の晴れ間よ・・・!
[PR]
# by jiaobo | 2013-04-08 21:32
春分の日、並び替えると「春日の分」。
 どうですか。
仕事中に気づいた。その後、何度も反芻し、一人心の中で笑う。
のんきだね。
[PR]
# by jiaobo | 2013-04-03 22:20
コック廃業
 「仕事で失敗し、心機一転他の土地でやり直す」というのをやってみたくなり(行く先は南の島希望)、手始めに就活。なんちて。
ウソです。石垣島の新空港に降り立ちたくて、辛抱たまらんのです。
昔は素朴な建物で、一階の待合室は椅子も少なく、ゲートを越えるまではスーツケースに座って待つ人も多かった。食事処は二階に喫茶店がひとつ。もちろん軽食メニューには、沖縄そばが。
 そんな訳で、準ヒッキーの夜型ニート、毎朝起きて仕事に行っておりまふ。
夕方四時には、もう眠い毎日・・・新鮮だ。
して、ちゃんと三食食って動くから痩せていくのか思いきや、昼休みの関係で朝・昼は軽く、夜が重い食事。
夜のドカ飯は太る、を実感中。ぷぷぷ。
ちなみにおやつは黒糖(2センチ角・厚さ4ミリ)をひとつ。
待ってろ、ぱいかじ!
[PR]
# by jiaobo | 2013-04-02 21:22
ウソじゃないよ、ホントだよ。
 この前、本屋で買い物したら合計金額が千円(消費税込み)だった。
五百円の図書カードと、五百円玉で支払った。
なんだか愉快だった。
[PR]
# by jiaobo | 2013-04-01 23:13
今宵、腹の中で。
 今年は花粉だけでなく、連合軍なのか去年よりアレルギー症状が重くなった。
外出後、くしゃみの止むのが遅いし、鼻が痒く喉が腫れてる(気がする)。
仕方ないので、昨日の朝、重症者マムに薬を分けてもらった。
「今飲んでるんはこれ」
ゴツイ薬だ。それも当然、マムは二度薬を変えていて、それでも効かないと医者に訴えて手に入れた最終兵器的なヤツなのである。
それは刺激(?)が強すぎるだろうと、飲んだけど効かなかったヤツから飲む事にした。
だが、効き目なし。
大抵、寝る前に飲むというので、夕食後、再びマムの薬箱を物色。
「ええやない。今晩はこれ(最終兵器)飲んどき」
「いかん。それはシンナーからヘロインへ行くようなもの。覚醒剤を通らねば」
薬箱には三種類の薬がある。一つは鼻炎用、二つは不明。
「今、どれ飲んでるん?」
「全然効かなかったっていう、最初にもらってきた薬」
「それはこっち違う?」
薬箱を覗きこんだマムがいう。
「なにい?じゃあ、今飲んでるのは!」
「お薬手帳見たら分かるしな。ちょっと待っとくれやす」
その間に、今飲んでいる薬を部屋から持ってきた。
手帳と照らし合わせてみたら、不明な薬の一つは炎症を抑える物。もう一つは鼻炎用。
そして、俺が飲んでた薬は胃腸内科でもらった、善玉菌を増やす薬である事が判明。
・・・・・・・効かねえ訳だよ。俺の腹は、善玉菌で一杯だよ。


効き目のほどは、明日。
[PR]
# by jiaobo | 2013-03-28 22:02
二本差しは腰骨が痛い。
 昔、BSには一日中時代劇を放送しているチャンネルがある、と聞いて思った。
当時は心が江戸に住んでいたので、もし加入するなら、ぜひそのチャンネルを契約したいと。
現在、念願かなって夢のチャンネルを視聴出来る運びと相成った。
が。心はもはや江戸に住んでいない。
ところがどっこい、即座に心が江戸へ飛んじまう番組が放送されてるって訳さ。
リアルタイムでも見ていた、『G家人Z九郎』。主演は渡辺K。
お節介な旅の隠居や、城を抜け出す上様のような勧善懲悪・ハッピーエンドで終わらない話も多く、ビターな、時にはダークで大人の味がする物語。
そして何よりKさんが滅法恰好いい。
男の色気満開。殺陣はもちろん、親指で頬をかくなど動きの全てが絵になる。
花を添える、Т吉姐さん(若村M)が堪らん。
香気で新鮮。歯ごたえ抜群な旬の野菜が如し。言動だけでなく、踊りも絶品。
この二人がご飯とおかずなら、漬物はZ九郎の母だ。
あったら嬉しい。ないとさみしい。正に漬物。
『G家人Z九郎』を見ていると、飲み屋の木の椅子や、船宿ののれんを揺らす風に触れたような気分になる。
話を追いながら、Z九郎が寝転んでいる畳の感触。寝間着に引っかけた着物の生地や、膳に並べられた料理の匂いをも感じる。
だから心が江戸に飛ぶ。
ちなみに、『城を抜け出す上様 琉球へ行く』なんてのも見てます。
[PR]
# by jiaobo | 2013-03-27 23:23
鶏心
 ハニーが、誕生日プレゼントに『ワで始まってスで終わる某マンガに登場する料理人のレシピ本』をくれましたよ(リクエストしたので)。
おまけ(料理人のシリコンマット)は、どう使えばいいのか不明なれど、内容は二重丸。いや、三重丸とせねば。この場合。
デザートも載っていて、ハニー大喜び。
こいつを参考に、レパートリーを増やすぜ!
[PR]
# by jiaobo | 2013-03-26 21:01